【925hPa】台風21号のやばさってどのくらい

この土日に最も心配されるひとつである『台風21号』

このまま上陸したら平成史上最強とも言われています。

この台風がどんなものなのか調べてみました。

スポンサーリンク

925hPa台風21号の勢力

台風第21号 (ラン)
平成29年10月21日03時50分 発表
大きさ超大型
強さ非常に強い
存在地域日本の南中心位置北緯 20度40分(20.7度)東経 130度40分(130.7度)進行方向、速さ北北東 15km/h(8kt)
中心気圧925hPa
中心付近の最大風速50m/s(95kt)
最大瞬間風速70m/s(135kt)25m/s以上の暴風域全域 280km(150NM)15m/s以上の強風域南側 950km(500NM)北側 750km(400NM)
※21日3時頃の情報

925hPaの威力って過去にもあったの


調べてみたところ何度か発生しているようです。

平成3年台風第19号

1991年9月16日にマーシャル諸島の西海上で発生し、9月23日にはフィリピンの東海上で中心気圧925hPa、最大風速50m/s(100knot)の大型で非常に強い台風となった。

9月26日に宮古島の東海上で北東方向に進路を変え、9月27日に長崎県佐世保市付近に上陸し、山口県長門市をかすめたあと日本海上をオーバースピードで進み、翌日朝に北海道渡島半島に再上陸した。

台風は北海道に上陸後、オホーツク海へ進み、同日15時に温帯低気圧へと性質を変えて、日本から遠ざかった。

また、この台風は、福岡県福岡市や北海道札幌市のほぼ真上を通過した。
(出典:Wikipedia)

平成5年台風第13号

8月30日に沖ノ鳥島近海で発生した台風第13号は西寄りに進みながら発達し、9月1日には進路を北寄りに変え、9月2日には中心気圧925hPa、最大風速50m/sの大型で非常に強い勢力となって北上を続けた。

最大勢力で台風が直撃した久米島では最大瞬間風速、53.9m/s、最大風速36.5m/sを観測したが、その瞬間に風速計が破壊され、非公式にはさらに強い強風が観測されている(自衛隊の風速計では100m/sを超えていたとされる)。

台風は勢力を保ちつつ九州に接近し、翌3日16時前に中心気圧930hPa、最大風速50m/sという記録的な勢力で薩摩半島南部に上陸した。
(出典:Wikipedia)

平成16年台風第18号

2004年8月28日にマーシャル諸島付近で発生。

発達しながら西に進み、31日には中心付近の最大風速が45m/sと「非常に強い」台風となった。

その後も勢力を保ったまま、当初は中国大陸に進むと予想されていたが、太平洋高気圧の衰退により進路を北西に変えて、9月5日に沖縄本島を通過した。 名護市では、最低海面気圧924.4hPaを記録した。

6日には1991年の台風19号に匹敵する勢力となり九州北部地方に上陸する進路が濃厚となり、マスコミも大きく報道した。

その後、勢力は少し衰え「強い」台風となるが、東シナ海で進路を北から北東に変え、7日9時半頃に長崎県長崎市付近に中心気圧945hPa(ヘクトパスカル)・中心付近の最大風速40m/sの「大型で強い勢力」で上陸。
(出典:Wikipedia)

過去の例も多くないことから今回の台風21号の凄さがわかりますね。

外出は控えるべきか


この有名な画像をチャンスは今しかないと。

当然外出は控えるべきでしょう。というより電車の状態なども心配ですし、車だと悪天候によりスリップや事故も怖いですよね。

いつ頃に通過するのか、あるいは熱帯低気圧になって無くなるのかはまだ不明です。

土日出勤される方は様子をみたほうが良いと思います。

そんな簡単に会社休めるかー!となるでしょうが何が起こるかわからないですし。

925hPa台風21号についてネットの反応


専門の方も訴えてます。本当に充分な警戒が必要です。


お祭りも中止・・・

最後に

記事を書いてる時点で最大瞬間風速70mで上陸時でも950hPaだそうです。

風速70mってちょっと想像ができないです。

くれぐれも台風21号に警戒して外出は控えましょう。

以上、【925hPa】台風21号のやばさってどのくらいでした。