※スマホからお越しの方は右下の『サイドバー』をタップすると道の駅一覧が表示されます

内房の穴場!富津市の魅力をご紹介

都心から一時間ちょっとで行けてしまう富津市。

海水浴場やマザー牧場といったスポットが人気ですが他にも沢山の穴場があるので紹介します。

スポンサーリンク

佐貫駅

佐貫駅(さぬきえき)は、茨城県龍ケ崎市佐貫町にある東日本旅客鉄道(JR東日本)・関東鉄道の駅である。

JR東日本の常磐線と、関東鉄道の竜ヶ崎線が乗り入れ、接続駅となっている。竜ヶ崎線は当駅が起点である。

駅が開業した1900年(明治33年)当時は馴柴村佐貫となっており、旧龍ケ崎町域ではなかった。その後1954年(昭和29年)に馴柴村ほか5村が龍ケ崎町に編入され、龍ケ崎町が市制を施行し龍ケ崎市となり、駅所在地も龍ケ崎市内となった。

<引用:Wikipedia>

駅所在地周辺は元々佐貫村と言われ、佐貫駅はその旧村名に由来するそうです。

 

駅の構内。どこかノスタルジックで落ち着きます。きっと横に並べてあるパンフレットは触れられることが少なく埃を被っていることでしょう。指でツツっと埃をこすりたくなりますね。

 

上りと下りの階段。手すりについている錆が良い味を出しています。エッモ!

 

線路のずっと先はどうなっているのだろうか、そんなことを考えているだけで日が暮れてしまいそう。

 

一般的な駅のようにロータリーもなく自由に車を停めることができます。こういうところも素晴らしいですよね。無駄にポストに投函してぇ…

 

Cafe GROVE

マテバシの森おく深くに素敵なカフェがあります、それがこのCafe GROVE。豊かな自然の中で贅沢な時間を過ごせますよ。

所在地:〒293-0057 千葉県富津市亀田1237
TEL:0439-66-0936
営業時間:11:00 〜 17:00
定休日:火曜・水曜
公式サイト:Cafe GROVE

 

駐車場は前後の幅が狭いので要注意です。画像には写っていませんが手前にボイラーのようなものがあるので追突しないようにしましょう。

 

カフェの入口にもサイクルスタンドがありました。しかしここまでの道は激悪路なのでタイヤやっちゃいそうですな((((;゚Д゚))))

 

オーナーの似顔絵かな、口ひげがオシャレでイケメンさんでした。SNSに積極的でハッシュを付けてバシバシ投稿しちゃって良いそうです。インスタ映え女子いまです!

 

 

私はコーヒーをいただきましたが、リンゴジュースもとっても美味。ランチのキッシュやカレーも気になりますね。

 

この下に大きなカニがいてビックリ!ヤシガニを思わせる外見で身体も紅く毒々しかった…

 

テーブルは店内とテラスを選べます。やはりここはテラスでくつろぎたいところですね。

 

お手洗いは外に出て右手にあります。最新のトイレで凄く清潔でした。

Cafe GROVE (カフェ グローブ)
富津市「亀田の森」のカフェ。自然を満喫する空間でスペシャリティーコーヒーとスイーツをどうぞ。田舎の田園風景を進むと、木々に囲まれ、すぐそばには川が流れ、少し歩けば綺麗な海岸もあるCafe GROVEがあります。

海岸へ

カフェからしばらく歩くと海岸にでます。本当は教えたくないほどの素敵な場所。まさに穴場の絶景ポイントなんです!

 

とても関東の海辺とは思えないですよね。何度もドラマや映画に使われているそうです。

 

    

福富ラーメン

国道127号沿いにある福富ラーメンが最高に美味しい!!

竹岡ラーメンとも言われており黒く澄んだしょうゆベースのスープと口の中でとろけるチャーシューが絶品です。うめ うめ うめっ

住所:〒293-0051 千葉県富津市亀沢3
営業時間:[月・火・木・金]10:00〜19:00 [土・日・祝]10:00〜20:00
定休日:毎週水曜日
TEL:0439-66-1668

 

今回は昔ながらのラーメンを注文しましたが、次回は福富スペシャルも食べてみたい。

 

最後に

実は私、今まで富津市を知りませんでした。何度かマザー牧場に足を運んだことがあるのですが通過していたことをとても後悔しています。

とくにCafeからの海岸は素晴らしいのひとこと!映画やドラマに使われるのも納得の場所でした。海と風の音、そしてとびっきりの開放感を味わっていただきたいです。

まだまだ私の知らない富津がたくさんあるので必ず再訪します。そして富津を案内してくれたパートナーに心から感謝です。

皆様も房総半島にお越しの際は富津に立ち寄ってみてくださいね。

スポンサーリンク
シェアする
▲オエタツブログ▲